琉球ムクナ熊本産

琉球ムクナ(熊本産)

琉球ムクナ(熊本産)は熊本県南部に位置する人吉球磨地方にて栽培されました、人里離れた山間の位置になり植え付けは5月に行い10~11月に収穫され、焙煎・製粉の工程を経て翌年1月に製品化されています。完全な無農薬・無加温の自然なままの方法です、熊本の温暖な位置にてさんさんと降り注ぐ太陽の光を得てL-Dopaの含有量も高く、皆様より高い評価を受けています。

2017年度産より「PL保険」も適応し、皆様の安全にも十分に配慮しています。

琉球ムクナ熊本産2袋タイプ

WS000082

 

 

 

下記をクリックして頂ければ大きな画像で見れます。

ムクナ豆に於けるL-dopaの含有量の開示について

当社では誰がどの位置で栽培し販売してるのかも含め、購入者の方の不安を払拭するために栽培された年度の情報の開示を行っています。
様々な位置より販売されるムクナ豆ですが、特にパーキンソンの方には特に大事な情報だと考えます。
含有量を開示せず一般の情報のみに頼るのでなく公的機関より検査を行った結果を開示し、販売に於いては簡単ではありますが摂取の仕方の書類も添付しております。
私達は少しでも健康に約立つ製品をと願い、栽培から販売迄微力ではありますがお手伝いできればと思います。

琉球ムクナ熊本産1袋タイプ

WS000083

 

 

 

下記をクリックして頂ければ大きな画像で見れます。

ムクナ豆に於けるL-dopaの含有量の開示について

当社では誰がどの位置で栽培し販売してるのかも含め、購入者の方の不安を払拭するために栽培された年度の情報の開示を行っています。
様々な位置より販売されるムクナ豆ですが、特にパーキンソンの方には特に大事な情報だと考えます。
含有量を開示せず一般の情報のみに頼るのでなく公的機関より検査を行った結果を開示し、販売に於いては簡単ではありますが摂取の仕方の書類も添付しております。
私達は少しでも健康に約立つ製品をと願い、栽培から販売迄微力ではありますがお手伝いできればと思います。