島原手延ノンオイルそうめん「萌香」

島原手延素麺は350年の歴史を誇ります。その美味しさ、手延素麺の小麦粉本来の風味を私たちはお客様にお届けしたい。

伝統ある手延素麺の技を極めた麵を沢山の方へ知ってもらいたい、ノンオイル素麺を多くの皆様へお届けしたい、その想いから匠の技の結集オリジナルブランド手延素麺「萌花」を造りました。「萌花」はノンオイル製法で作り上げ、風味・コシ・もちもち感。特に一口食した時の小麦粉の風味の衝撃、あらゆる点で自信がある製品です。これからも質の高い麵を「創」て参ります。

①捏ね

厳選された小麦粉と塩。その塩を島原の伏流水で作られた塩水でミキシングします。

②圧延

捏ねあがった麺生地に圧力を加えながら円筒状にしてます。

③板切り

熟成させた麺生地を板状にし更に丸く引き延ばしていきます。

④細め

通常ここで油返しという工程で食用植物油を塗布していきますが、ここはノンオイル素麺の為、食用デンプンを振り掛けます。

⑤ より

一番よりから3番よりまで細くより細く引き延ばして行きます。

⑥ 掛巻き

よりをかけた麵を更によりをかけながら二本の棒に麺を八の字にかけていきます。

⑦ 小引

⑥で出来あがった麵を50センチ程度に引き延ばします。

⑧ 熟成

2m近くに引き延ばす為十分な熟成庫の中で再度熟成します。

⑨ 大引・乾燥

麵が切れないように慎重に引き延ばし一本一本丁寧にハタ掛けし、島原の自然風を取込みながら乾燥させていきます。

大引・乾燥

麵が切れないように慎重に引き延ばし一本一本丁寧にハタ掛けし、島原の自然風を取込みながら乾燥させていきます。

⑩ 小分け・乾燥

長さを切り揃えた麵を不形状などの麵を選別し束ね、結束、風味豊かなノンオイル手延素麺が完成します。

小分け・乾燥

長さを切り揃えた麵を不形状などの麵を選別し束ね、結束、風味豊かなノンオイル手延素麺が完成します。

贈答用としても多くご利用頂いております。健康志向のオイルを使わない「そうめん」が大人気です。国内でも唯一の歴史と技術を誇る「島原手延ノンオイルそうめん」を一度、ご賞味下さい。